中目黒駅から徒歩数分の目黒川沿いの場所にかき氷屋「FUWAGORI」がオープンした。

場所は、コーヒースタンド「SIDEWALK STAND」から近く、ナイキによるランニングサービス専門スペース「NIKE+ RUN CLUB NAKAMEGURO」の隣だ。

夜は飲食店として営業している店舗の前のスペースを、日中のみ利用して期間限定でのオープンだという。

渋谷のポップアップカレー店「ケニックカレー」のように、日中使われていない空間を利用してお店を運営するのは理にかなった方法だ。

「FUWAGORI」のかき氷はティラミス、いちごみるく、チョコミントの3種類で、すべて500円。ボリュームも十分。

かき氷を作るにあたって、特別な機械を使っており、通常のかき氷と比較すると、氷がふわふわになっている。

「FUWAGORI」を出店しているのは、クラウドファンディングで多額の資金を集めた馬肉専門店「ローストホース」の店長である平山 峰吉氏。「FUWAGORI」の出店の仕方やフォトジェニックな空間や商品のみせ方の上手さにも納得だ。

ブランディングデザインは、POOL Inc.が務めている。デザインにも惹かれ、店舗の前を通りかかる人々が次々と足を止めて注文していた。

中目黒に足を運ぶ人はぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

【追記 2017年7月29日】

ソーシャルメディア上でも話題になり、多くのメディアが取り上げたことで、「FUWAGORI」へ多くのお客さんが足を運ぶようになった一方で、かき氷を待つ行列ができ、近隣の方や他のお客さんに迷惑となってしまっているようだ。

公式Facebookページによれば、7月29日(土)から3日間休業し、8月1日(火)からオープン再開予定だという。オープンしたら、マナーを守って迷惑がかからないようにかき氷を楽しみたい。

中目黒のかき氷屋「FUWAGORI」

店名:
FUWAGORI

アクセス:
東京都目黒区青葉台1-23-3 青葉台東和ビル 1F

地図: